latina diary blog


出会ったもの、感じたこと、見つけたもの、美味しいもの、好きなもの。ゆるマクロビゆるベジゆるデイリーフリーです。
by latinadiaryblog
カテゴリ
全体
その他
i Herb
マクロビ
美味しいお店
料理、スイーツ
お出かけ
手作り市、マルシェ
おいしいもの
手作りコスメ
ヨガ
Vitacost
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Dinora > Muc..
by latinadiaryblog at 08:22
Qué delicios..
by Dinora at 23:06
karuちゃん どうもあ..
by latinadiaryblog at 11:03
結婚記念日おめでとう♥️..
by karuki at 09:25
karukiちゃん> コ..
by latinadiaryblog at 11:15
素敵なおみせだね~☆ ..
by karuki at 11:01
Dinora > La ..
by latinadiaryblog at 09:57
Me interesa ..
by Dinora at 03:35
Dinora > Sí!..
by latinadiaryblog at 14:32
Qué ricos se..
by Dinora at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
食堂山小屋のビーガンモンブラ..
at 2018-11-20 14:15
移転リニューアルCOCO K..
at 2018-11-17 17:20
中村軒の栗きんつば, Sea..
at 2018-11-09 20:38
ニコサンカフェのモンブラン,..
at 2018-11-07 08:22
キラナスパイス Cafe K..
at 2018-11-04 19:46
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

漢方茶カフェCha-cafe-Wa, Chinese and Taiwanese tea salon Cha-cafe-Wa

漢方茶カフェ Cha-cafe-Wa
b0343013_09482710.jpg
以前はご飯を土鍋釜で炊いてそのままテーブルに出される野菜料理お店(3年前に伺った時)だった町家。
そのまま改装してオープンされたカフェです。
b0343013_09485034.jpg
b0343013_09510420.jpg
薬膳を中心としたお茶メニューの数々。
薬膳粥や薬膳カレーもあります(カレーは乳製品使用)
b0343013_09491270.jpg
身体に合わせてオリジナルブレンドも作って頂けます。
b0343013_09492806.jpg
八宝茶
b0343013_09495230.jpg
八宝は色々なという意味だそうで、体内バランスをとってくれるお茶です。
冷えは暖め、熱を持ちすぎてる身体は冷やしてくれます。

茶葉、茶の実がそのままカップに入っているので、蓋を取らずに、ずらして隙間から飲みます。
b0343013_09501103.jpg
香りは漢方というよりハーブティー。爽やかで全然薬っぽさが無いです。フルーティーな香り。
味は甘いです。びっくりしました。もっと苦味のある中国茶や台湾茶ならではの味を想像してたんですが、すごく意外!
最後の方はほんのり酸味も来て甘酸っぱい感じ。

2煎目、3煎目と飲み終わる度にお湯を入れて下さいます。
味の変化を楽しみながらじっくり堪能させて頂けます。

3煎目まで飲み終わったら、中から「食べられる茶の実」を取り分けて下さいます。
b0343013_09503374.jpg
棗、菊花、クコの実、サンザシ、陳皮、竜眼。

甘いの、酸っぱいの、苦いの…それぞれを味わって身体も心も満たされてぽっかぽか。

こんな華やかな薬膳茶は初めてでした。
お茶は勿論の事、ご飯メニューも気になるのでまた伺いたいと思います^^
b0343013_09512555.jpg

[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-28 17:34 | 美味しいお店 | Comments(0)

小鳥ガーデン2018, Handmade market "garden of birds 2018"

今年2つめの鳥イベント。
b0343013_16241037.jpg
阪神百貨店で開催の小鳥ガーデン。
b0343013_16242441.jpg
こういうイベントでの販売グッズ、大多数はインコや文鳥系の「お家で飼える小鳥」なんです。
でも小鳥ガーデンは会場面積も規模も大きくて、私の大好きなトゥカン(オニオオハシ)もちょこちょこと居てくれてます☆
b0343013_16243953.jpg
手作り品ばかりなので表情や姿は様々。「可愛い!」と一目で欲しくなるものは数少なくて…。

今回はステッカーを何枚かとこのイヤリング♪
メッキだけど16k。しっかりした造りでとても気に入りました^^
b0343013_16245440.jpg
私はマルシェ好きなので様々な手作り市やマルシェに行きます。
出店者の中にはオーダーメイドをしてくださる作家さんも。
身近な種類の鳥ではないトゥカン…雑貨やアクセサリーはなかなか無いんですよね。
アクセサリー作家さんに、私が南米で撮った写真からレジン(樹脂)で素材を作ってもらい、それを自分でアクセサリーパーツとしてハンドメイドしたりも。
b0343013_16252146.jpg
インコや文鳥みたいに「一緒にいられる」としたら夢みたい。
動物園と同じ環境が必要だけど(笑)
つまりビニールハウス並みの1部屋まるまる専用で、年中「熱帯雨林」をキープという意味ですw
b0343013_16254195.jpg
今回の小鳥ガーデン2018、どれもこれも可愛くて、会場内をぐるぐる3周くらいしてました(^w^)
b0343013_16261507.jpg
おまけ
先日スペイン人の友人ジョアンとランチをした時に盛り上がった話題。

日本には知らない人に対しての去り際「良い1日を」(Have a nice day) (Qué tengas un buen día) が無いという話。

例えばエレベーターで一緒になった人、降り際にそんな一言がある国を訪ねる度にいつも思ってました。

同じ事をジョアンも今、日本で感じているそうで。
お店でもタクシーでも、「ありがとうございましたー」で終わりですよね。

ただ、毎回この「良い1日を」を仰る日本人がフランク菜っぱさん。(京都のナチュラル系八百屋さんです)

会釈だけや「ありがとうございました」以上には何も言わないのが日本の習慣。
だけど、プラスαとして「良い1日を」が言い合えるのって気持ち良いですよね。

その話題を含め、日本滞在について彼が書いた興味深い記事→(英文です)

[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-26 17:44 | 手作り市、マルシェ | Comments(0)

Hashigo cafe Kyoto

ハシゴカフェ
b0343013_19563948.jpg
b0343013_19575080.jpg
粋な名前のハーブティーが19種類もあるお茶好きには嬉しいカフェ。
「大人の恋の始め方」
「ブランケットのぬくもり」
「心はいつも青空」etc...
b0343013_19581325.jpg
飲んだのは「バクの見る夢」
ラベンダーとマロウのハーブティーです。

b0343013_20005989.jpg
紅茶も12種類。その他の飲み物もすごく豊富!
b0343013_19584684.jpg
かき氷も専門店並みにメニューがいっぱい!

建物は元銭湯。
リメイクされた店内は自然光がいっぱい差し込むリゾートチックな空間。
b0343013_19590883.jpg
b0343013_20000422.jpg

フードメニューにベジメニューはないんですが、お茶の為に何度でも来たくなるような場所です☆
b0343013_20002933.jpg


[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-21 20:05 | 美味しいお店 | Comments(0)

嵐山松ヶ枝(父の日), Father's day at Arashiyama

父の日はご義両親と嵐山へ。
お食事に招待させてもらいました。
b0343013_18475187.jpg
嵐山松ヶ枝
お蕎麦で有名なよしむらの姉妹店です。
b0343013_18381372.jpg
お豆腐、湯葉を中心とした日本料理とお蕎麦を楽しめるお店。観光地で日曜日ならば予約必須です!

外側の窓からは桂川と渡月橋が見え、内側の窓からは美しい中庭が見えます。
明治時代の画家、旧曼舟邸宅をそのまま使われており建物自体も由緒ある立派な造り。
b0343013_18383115.jpg
先付けは湯葉、生麩田楽、茄子と万願寺の煮物
b0343013_18384863.jpg
カボチャ豆腐と豆乳スープ
b0343013_18385887.jpg
カボチャの甘いお豆腐にハモの餡がかかってます。

冷やし豆腐は抹茶と蕎麦豆腐の2種類。
b0343013_18391377.jpg
よしむらもそうなんですが、お蕎麦屋さんなのにお豆腐もすっごく美味しいんです!(よしむらには蕎麦豆腐しかありません)
白く浸っているのは豆乳。濃厚で泡立てる前のクリームみたい。

まったり蕩ける柔らかいお豆腐なのにお箸で掴んでも崩れない絶妙な緩感。
「醤油だれ」と「ゴマだれ」、さらに薬味としてミョウガ、ワサビ、塩が用意されます。

天ぷら盛り合わせには湯葉の天ぷらも。
b0343013_18392803.jpg
この後お蕎麦(小サイズ)、甘味と続きます。
お蕎麦はいつも安定の味!コシが強めの二八蕎麦です。(よしむらでは十割も頂けます)

蕎麦湯は茹で汁ではなく、蕎麦湯その物をわざわざ作られてます。
b0343013_18403155.jpg
ご飯の後は嵐山散策。
私にとってはよく行く場所ですが、お義父さん達は何十年ぶりだとか。

竹の径を通って嵯峨野方面まで。
b0343013_18395814.jpg
お歳も召してるので長時間は散策出来ませんが、喜んで貰えて本当に良かった!

お義父さんはお誕生日も父の日に近いので毎年「父の日」と「お誕生日」合わせてお祝いさせて貰ってます。
今年で喜寿。
まだまだお元気で、ずっと若々しくいてもらいたいです^^
[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-17 19:12 | 美味しいお店 | Comments(0)

スープダイニングPanBoo , Vegan and macrobiotic Soup Cafe

清凉寺近くにオープンしたスープダイニングPan Boo
b0343013_13354626.jpg
スープをメインとしたベジ&マクロビのカフェです。しかもノンベジメニューも有り。
嵐山の観光客が多いエリアから少し北なので、さほど人でごったがえしてる事もなく、落ち着いた地域。
b0343013_13361584.jpg
メニューは頻繁に変わるようなので、来てみてからのお楽しみ的な部分があるようです。
b0343013_13362957.jpg
お豆腐のポタージュをお目当てに行ったのですが、今月は
ガスパチョ
スパイシースープカレー
甘エビのビスク
具沢山お味噌汁
の4種類。(お豆腐ポタージュはしばらく復活しないそうです。)
b0343013_13364350.jpg
セットには週変わり料理、サラダが付き、ご飯orベーグルが選べます。

週変わり料理は「魚の香草パン粉焼き」若しくはベジメニュー「チリビーンズのポテトタルト」から。
ご飯は玄米&白米の二穀米です。
b0343013_13370603.jpg
スープカレーは爽やかな辛さ。ゴロッと大きな茄子、ブロッコリー、玉ねぎが入ってます。
野菜は太秦芦田農園さんの無農薬野菜。
玉ねぎの甘いこと!
ドレッシングも同じく芦田農園さんの野菜で作られてます。
b0343013_13372298.jpg
チリビーンズは結構ピリッとしてます。タルトのクラスト代わりにスライスポテトが敷かれてます。ねっとりした濃いめの味で辛いのが好きな人には美味しいタルト。

お砂糖はキビ糖、お塩は天然塩、お豆腐は近くの森嘉豆腐使用。

お味噌汁の頂けるマクロビセットやスープとご飯orベーグルだけのシンプルなセットも。
お味噌は自家製です。

甘エビのビスクもすっごく気になったのでテイクアウトしちゃいました。(単品スープはテイクアウト出来ます)
店員さんからフレンチレストランで出てくるようなバター使用のビスクではないとの事でした。
b0343013_13373833.jpg
煮詰めて煮詰めて旨味を引き出したビスク。ぎゅっと濃縮された甘エビの濃~いスープです。香りもすごい☆

素材の味をじっくりじんわり味わえるスープ。
ベジ志向の人とも、ノンベジな人とも一緒に来れるのんびりカフェです。
b0343013_13380196.jpg

[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-15 17:20 | 美味しいお店 | Comments(0)

豆乳泡立てシフォンケーキ(玄米粉バージョン), Vegan and gluten-free chiffon cake (soy milk and brown rice flour)

豆乳泡立てのビーガンのシフォンケーキ、玄米粉でも作ってみました!
b0343013_20043520.jpg
玄米粉は水分の吸収率が高いので粉を少な目に調整しました。

前回の豆乳泡立てシフォンケーキ記事→

豆乳の泡立てが初めてだった前回に比べて、気持ちに本の少しだけ余裕があったので写真撮りました。
b0343013_20045333.jpg
グルテンフリーパンでも同様だけど、やっぱり玄米粉は難しい…膨らみ方は米粉より小さいです。
b0343013_20050642.jpg
それでもちゃんとふんわり!!
ういろう状態や、ずっしりケーキにならなかっただけでもシフォンケーキとしては成功!!かな!?
自分用だからまぁいっか。一人で作って一人で食べてます(笑)
b0343013_20052761.jpg

[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-14 08:07 | 料理、スイーツ | Comments(0)

連れ子虐待死事件に於いて(連れ子だった自分)

重たい内容なので気分を害しそうな方はスルーしてください。

最近の「子どもの虐待死」に関するニュースを耳にする度、見る度に心が苦しくなります。
私は
母子家庭で育ちました。ただ、育った年月の要所要所に「養父」がいました。
母は離婚と再婚(事実婚含む)を繰り返した人。
最終的に今現在は独身となってますが、パートナーを持ちたいと思っていた子育てだったんだと思います。
つまり私と弟はその度に「連れ子」の立場でした。

最近のニュースだけでなく、子供の虐待に関してよくある「新しい配偶者の気を損ねたくなかったから」という親の言葉。

再婚するまではおじさん達は「遊んでくれる優しいおじさん」
母と一緒になると突如として「絶対権力者」のように。

私達姉弟にも再婚家庭ならではの問題は沢山ありました。
私にとって辛かったのはそんなおじさん達を「お父さん」とする事ではなく、「母が私達側にいてくれなかった事」でした。
連れ子の立場としてすごく気を遣う毎日。
母の「お父さんだから」という言葉一つで子供の人権は無くなりました。

お風呂に入っていても、お養父さんが帰ってくると、身体を洗っている途中泡だらけでも出ないといけない。
お養父さんの前では「買ってもらった服」を着ているように。
例えば、中学生の頃には自分で買った服を持つようになりました。だけど自宅から出て駅まではその当時のお養父さんの選んで買ってきた服で…駅のトイレでお気に入りに着替え、友達と遊びに行く。
帰ってきたらまた家に入る前に着替える…。
中学生にもなれば多少気を回して上手に振る舞うことが出来ました。
そのため、罵声や暴力的な行為をされるわけではなく、傷つく言葉、無言の攻撃とも言える養父の行動が私には刺さっていました。
勉強中ではなく本を読む為にクーラーをつけていたのが気にくわなかったのが理由等、他にも沢山あります。

その当時、連れ子の女の子に性的虐待をした男性が逮捕された事件がありました。
母の知り合い女性からは「あなたもされてるんでしょう?」と言われ、とても悲しかったです。
(私は身体的には何もされてません)

弟はまだ幼い部分も残る年齢で「イヤ」も「嫌い」も態度に出てしまう。
怒鳴られれば言い返す。なのでお養父さんとは常に争い…これは親子喧嘩ではない争いです。
包丁の取り合いになる寸前まで争いになった事もありました。

小学校に上がる前の年齢の子供ならば、この「反抗」が出来ないが故に虐待はエスカレート、さらには死に至った事件となっています。

母がガンで入院した際にはもうその時の養父は私の中で存在の理解できない人でした。
田舎なので病院までは車が必須。私たち姉弟を連れてきてほしいと頼んだ母に養父は「子供たちは会いたがっていない」と言い続けていたそうです。(もちろん事実無根)
何度目かに「おかしい」と思った母が遠い親戚のおばさんに「家を見てきてほしい」と頼み、「様子が変」とほころびが出始めました。
その養父(3番目の父親)と母は離婚となりましたが、私と弟が精神に負ったものはあまりに多く、この後の事はここでは書きません。(私は構いませんが弟については書くべきでないので)

今は母も弟も、私もそれぞれ幸せです。

養父は母に「あいつらが憎い。再婚前の前妻との子供が可愛い」とはっきり言っていました。

私はどんな場面でも「母が私たちを守ってくれる」とは思えないまま大人になりました。

今でも母とは多少確執があります。
もちろん親としての感謝はあるし、今でも離れて暮らす私を気にかけてくれてる有り難さはとてもあります。

私の中で父親がいなかったから残念な思いをしたという事は全くありません。
常にとても貧乏だったけど、本当の父(生みの親)と離婚せずにいてくれてたらなんて思ったことは全くないです。
学校もちゃんと奨学金で行けました。(全部返し終わってます)
母や父となった人が「親」だから「女性」「男性」の部分を減らす必要はないとは思います。
ただ、今回のニュースを含め、我が子にしても連れ子にしても、愛せないのならば親にならないで欲しいと本当に思います。
中には離れて暮らす方が安全な子供もいるでしょう。
だけど、何をされても、言われても、殴られても、ある一定の年頃までは「お父さん」「お母さん」或いは「パパ」「ママ」が恋しくなるのです。

一緒にいるべきなのか、安全なのか、健やかに育つ環境なのか…無理にでも引き離すべきなのか。
「新しい配偶者(パートナー)の気を損ねたくないから」という理由で見て見ぬふりをしている人にその判断は出来ないです。
児童相談所には「親権優先」を重視する方も多いです。第三者が手を出すことで救われる心や命があるのも確かです。

胸の中の古い古い痛みが見え隠れし、思わずこのような文章を書きました。



[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-10 18:13 | その他 | Comments(0)

井村屋プロデュースのカフェ「ラ・メゾン・ジュヴォー」, La maison Jouvaud

祇園に出来たフレンチカフェ ラ・メゾン・ジュヴォー
b0343013_21050965.jpg
プロデュースしたのはあずきバーで有名な井村屋!

アイスの中で1番好きなのはあずきバー。
あの固さも含めて大好きです!

そして井村屋は地元三重県の会社。小学校給食の牛乳は井村屋でした。
今も地元の後輩ちゃんが井村屋で働いてる(聞くとびっくりする役職)何かとご贔屓なメーカー。

実はこのジュヴォーのお菓子、昨年の伊勢菓子博でも登場してました!
私が行った時には「アイアイカフェ」という名前でパビリオンの並ぶ会場にテント&イートスペースとなってました。
(その時の記事→)

この時にもロカイユ(メレンゲのお菓子)はありましたよ♪
b0343013_21074559.jpg
Jouvaudはフランス国内に3店舗あるパティスリー。
日本でのカフェ店舗はオープンした祇園店の他、名古屋と東京にもあります。
b0343013_21085407.jpg
b0343013_21100713.jpg
スイーツ系は普通に乳製品も白砂糖も使われてます。
私にとって嬉しいのはこのオリジナルなお茶の種類!
b0343013_21080012.jpg
紅茶、緑茶、ルイボスティーにフランスのハーブをブレンドされたオリジナルティーの数々。
たっぷり2杯半分のポットサービスです。
b0343013_21081999.jpg
飲んだのは「ドゥスールドゥフランス」
ルイボスティーベースのハーブティーです。

坪庭のテラスが見えるガラス窓がオシャレな空間を演出してます。
b0343013_21083396.jpg
人で溢れる花見小路のすぐ近くなのに、その喧騒から離れたリラックス空間。
とっても居心地の良いカフェです^^
b0343013_21092354.jpg

[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-09 21:15 | 美味しいお店 | Comments(0)

卵不使用、泡立て豆乳で米粉のシフォンケーキ Gluten-free Vegan chiffon cake

ビーガンのシフォンケーキ。今まで作ってたアクアファバと違って豆乳を泡立てたメレンゲで作りました。
(アクアファバは豆の煮汁を泡立てて作るメレンゲ。アクアファバについて書いた過去記事はこちら→☆1 ☆2 ☆3)
b0343013_10341435.jpg
アクアファバより手軽です。豆を煮る手間はもちろんの事、煮汁を取った後の必然的な豆料理しなくていい。

メレンゲの泡がアクアファバよりきめ細かいので、より卵白メレンゲに近くて使いやすい!
初めての私でも成功したくらいアクアファバより簡単です^^

泡が潰れるんじゃないかと不安で数秒も空ける事なく生地を作ってオーブンに入れたので途中過程の写真を撮ってません(*_*)

ポイントは温度とハンドミキサーの速度。
熱い豆乳を泡立てますが、温め過ぎてもだめなので温度計で計りながら。
いろんな情報から50℃という方もいれば70℃という方もいたので、間をとって65℃~63℃でスタート。

そして泡立て速度は一番低速で。
私のハンドミキサーは番号なので1で。
あまり上下左右に動かさない方がきめ細かい泡が出来ます。
b0343013_10340082.jpg
材料は豆乳、米粉、ココナッツシュガー、アルミフリーベーキングパウダーのみ。
(シフォン型は小さめの14cmです)

焼いた後のしぼみも全然なくてふわふわ!
こんなにふわふわで成功すると思ってなかったので嬉しい~!
b0343013_10344221.jpg
グルテンフリー米粉パンは作れるようになるまで何度も「ういろう」みたいになってました…。
発酵させるの「パン」とベーキングパウダーを使う「ケーキ」の工程差もありますけどね。

今度は玄米粉でトライしてみる予定です^^

[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-06 17:50 | 料理、スイーツ | Comments(0)

尚美さんのおにぎり、吉田山大茶会、スペイン料理祭 , Onigiri plate, tea market and spanish festival

今回の安楽寺地蔵縁日でご飯担当されたのはsaluteの尚美さん!
こだわりいっぱいのおにぎり&ミネストローネ。
しかもサルーテ&ダ・マエダメニューの中でも私の超お気に入り、生春巻もセット!
b0343013_10523286.jpg
子供の頃含めて、今まで食べた中でダントツのおにぎり。
緩くないのにふんわり、しっかり握られたおにぎり。酵素玄米の旨味がぎゅっ。中身は梅です。(2つとも梅です) あと愛情も(^w^)

ミネストローネは身体中に染みる味。
安楽寺まで自転車こいだ私には、足の先までじわ~っと染み渡るような重ね煮スープでした。
b0343013_10554210.jpg
普段サルーテで食べられない物を頂けたようなレアな場。
尚美さんに「ありがと~!」って大きな声で言いたくなったスペシャルご飯でした^^
b0343013_13090832.jpg
カイラスセイカさんのお菓子も。
マンダリンオレンジを使われたタルトはカボチャのまったりした甘さとほんのりな爽やかさのコンビネーション。
二個買いしちゃいました(^w^)
スペルト小麦を使ったも始められました♪(この中では苺のマフィン)
b0343013_13083736.jpg
この日も自転車でイベントのはしご。
吉田山大茶会の開催されてる吉田神社へ。
b0343013_13095000.jpg

お茶好きな私は毎年来てます。
日本茶、台湾茶、中国茶が中心でハーブティーや紅茶はほとんどありませんが、
こんなに一気に沢山の和茶を試飲しながら買えるイベントは大茶会ならでは。
お店によっては特別価格で販売されてる商品も!
b0343013_13101197.jpg
今回1番気に入ったのはこのルイボスティー。
b0343013_13102818.jpg
ブルーベリーの葉とルイボスが合わさったフルーティーで甘い香りのお茶。
試飲で頂いた一口ですぐ気に入りました。

同じお店の「特選釜いり茶」も美味しくて買いたかったけど、こちらはお値段的に断念…。
b0343013_13111076.jpg
水出しがブームになってきてるので、水出し用茶器を販売されてるお店も多かったです。
渋みやエグみの少ないお茶を抽出出来るのが特徴。
私は専用茶器は持ってないですが、お茶パック&ペットボトルで手軽に作ってます。
玉露の氷出しもこれからの季節良いですよね^^
b0343013_13092533.jpg
そしてさらにイベントのはしご。
スペイン料理祭。
b0343013_13113319.jpg
こちらも毎年来てるイベント。
b0343013_13122619.jpg
年々がっつりお肉やチョリソ(大きなソーセージ)のお料理が増えてる気がします…。
魚介のパエリアは1店舗だけでした。
b0343013_13120304.jpg
しかも今年はスペインワイン飲み比べがメインになってたので、ワインやシェリー酒のブースがいっぱい。
(私はアルコールが全く飲めないです)
b0343013_13134729.jpg

b0343013_13131932.jpg
ほんの3,40分程度過ごしただけで私の好み内では十分に楽しみ終わってしまいました。
ほとんどのお店が京都からの出店。知ってるお店も多かったのでまた店舗で魚介系お料理堪能させて貰います^^


[PR]
by latinadiaryblog | 2018-06-03 13:38 | 手作り市、マルシェ | Comments(0)